The Killing Time Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバンギャルドで行こうよ。


(mixiの続き)


…明日どのように生まれ変わりたいかっつーとですね


既存のロックンロールバンドの有るべき形から、もっとなんかこう…前衛的な芸術がしたいわけですよ。


はっきり言おう。


俺らの音楽じゃ、世界トカ、そ~ゆ~のは変えられない。

もちろん、前衛的な革命も起こらないし、シーンすらも変えられない。


ただ、何かが変わる可能性があるとすれば

そう。それはライブを見てくれるお客様のハート位なもんだ。


明日は、そんなお客様の為に全力で演るから、是非、ANGAに遊びに来てください。




…あんたの視覚と鼓膜に、革命起こしてやるよ。

Who is the Rock’n’roll Star ?


つーわけで、今日は渋谷ラママにthe Bomb knowsのオーディションライブを観に行ってきた。


まず、個人的に初めてラママに行った。

オーディションライブっつー事で、昼間のラママは閑散としてた。


実際に俺がステージに立ったわけじゃねーから、名だたる有名人が沢山出てきただけあって神聖な空気だったな~とかそんな偉そうな事はさっぱり分からない。

しかし、どの位置から聞いても外音がこれまで俺が出てきたライブハウスが比べものにならない位良かった。


これはあくまで俺の個人的な見解だけど、こないだウチのギターのホリガミに、『今まで出てきた中で一番良かったハコは?』という質問に対して『いや…別に差は…笑』と、答えた俺だったけど今日『あ、こういうことなのかな~?』とちょろっと思った。さすが老舗。


まあ、まず実際に中でやってるヤツらがうまかったのは言うまでもないけど…。


で、肝心のBombknowsはめちゃくちゃ格好良かった。


鳥肌立った。
大好きな踊らされるロックを見してもらいました。


9/3にウチの自主企画ライブで、初めて顔を合わせてからその後ライブを5回…


一体何喰ったらあんな成長するんだ!?


って言うようなライブでした。


俺らもあれから3回程ライブしているが、回数以上に差は開く一方だなと思うばかりで…


悔しくて、自分自身が不甲斐なくて、最高に楽しいライブを見してもらった。……まじ腹たつわ~!


…the bombknowsには『華』があると思う。

ステージにしても、楽曲1つとっても、華がある。

ロックンロールという比較的ハードな音楽において、ど真ん中を射抜きつつ、どこか遊び心があって、インテリジェンスで中性的な雰囲気もよく似合う…。


コレこそなかなか凡人には出せないものだから、正直憧れる。



華のない俺達は、泥臭く、野暮ったく、ライブをバンドを展開しなくっちゃな。


あと、根本的な所をしっかりさせないといけない思う。


吐いて捨てるほどある音楽やバンドとしてのスタイルの中から、俺は今もいろいろ選んでいる。つもりだ。

ただ、選ぶだけじゃなくて、これからは捨てなきゃダメだな。

その取捨選択をしっかり行って、自分のスタイルを見い出すことに、あるいはスタイルを確立したい。


まずは自分自身と、そしてメンバー1人1人全員が、その取捨選択をちゃんとできる様にならない限りは、これから何回ライブしたって、どんだけ場数踏んだって、周りのイカした競合達との差は開く一方なんじゃねーか?…

な~んて、そんな事を感じた1日でした。


The Killing Time、11/12から始まる今年の締め4発はとにかくそこを意識していろいろ試みながらライブに取り組みたい。


そして来年1月からの本番に備えたい。


…やることがいっぱいあるぞ~。


とりあえず、11月12日、千葉ANGA是非来てください。…詳細後日UPします。



長文失礼。お付き合いいただきありがとう。

あ~せっくすがしたい。

だけどやっぱりママが好き


こんばんは。今日は俺が最近、ある人に言われて気付いた事の話。


『要は悪役が好きなんでしょ?』


確かに…

昔から

カカロットよりフリーザ


ジョータローよりDIO

連邦軍よりジオン軍


キン肉マンよりアシュラマン


ルーク・スカイウォーカーよりダースベイダー


という図式が、いつの頃からか俺の頭の中には根付いている。



理由はいろいろあるけどまあ、長くなるしめんどくさいから割愛する。…とにかく悪役の方が魅力的だと俺は思う。


ただ、なんでもかんでも悪役なら良いってわけじゃないぜ。


惹かれる悪には共通のルールがあると思う。
①思想がある
②中毒性がある
③ギラギラした野心がある
④どこかしらスタイリッシュ

…俺が『悪のカリスマ』を感じる人(人?)達には共通してそういったものがあるんだと思う。


全く上手く説明できてないが、現在多様化する音楽シーンの中で、俺はそういう音楽をやり、そういう歌声で歌い、そういうギターを鳴らしたい。


The Killing Timeというバンドで、そういう風になりたい。


近いうちにまたライブがあるから遊びに来てくれ。

新曲やるから。詳細はまた後日アップされるものと思います。



さて、おなにーして寝よ。


no title


レディース エーンド ジェントルメン…

金曜の夜いかがお過ごしかな?


俺は最近、毎週金曜日の夜になると、家の近くにある公園でギター弾いて歌ってるんだ。

…金をかけない良い練習場所見つけたぜ。


…近くに良い感じの公園があってさ…ガキの頃は、良くソコで友達と草野球をして日が暮れるまで遊んだ。


…日が暮れた後は公園に落ちてるエロ本を拾ってみんなで読んだ。


時々、高校生の兄ちゃんと姉ちゃんがソコにやってきて、ペッティングをしてた。


時々それも覗いてた。でも絶対セックスはしないんだな~。


あれは、美学だね。


…そんな風にして俺は退屈な時間を潰しながら、月日が流れた。


ある日、ラジオを聞いていたら、ビートルズのツイストアンドシャウトが流れて来て、英語だから何言ってるかわかんないんだけど、とりあえず、チンポコ引き抜かれる様な衝撃を受けた。


その数日後には、ブルーハーツとラモーンズを聴く機会があった。
そこでまた同じ様な衝撃を受けた。


退屈な俺の毎日の中に、そいつらは突然やってきて、俺から全てをブン取っていった…


その変わり1つだけ…

最高に楽しむ方法を教えてくれた。


そこから、俺の退屈な毎日をロックンロールでブッ壊し続ける旅が始まった。



それから何年かの時が過ぎた




…相変わらず繰り返されるおんなじ様な毎日の中で、俺は今日も楽しい何かを求めて、旅を続けている…


The Killing Timeっていう、ちょっと尋常じゃないくらいハッピーなファミリー達と共に。



…The Killing Time

ブログはじまるんだぜ。


by:dirty-K

«  | ホーム | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

The Killing Time

The Killing Time

東京・千葉を中心に活動するロックバンド。
世に蔓延るありとあらゆる暇をぶっ潰すためにやってきたぜ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。