The Killing Time Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草が健康に悪いのではない。健康が煙草に悪いのだよ。


先週の更新間に合わなくてすみませんでした。

あ、それとあけまして今年もよろしく。

タイトルに意味はありません。





年が明けたことによって、皆「今年の目標」のたぐいの物を立てたと思う。

もちろん私も例外ではない。

問題なのはここ3~4年間それが同じである事だ。

つまり長年達成できていない。

そのまんまココに書くのは野暮なので伏せるが。

ただその目標を達成した後には、私は見える世界が変わると思う。

2つの意味で一皮むけると思う。

果たしてその努力が出来るのかと問われると微妙な所だが。

まぁ所詮戯言だけど。




そして次のライブは1月21日千葉ANGA

18時から久々のトップバッター。

ご機嫌な新曲を持ってくるぜ。楽しみに待ってな。
スポンサーサイト

今年もあとわずか。


カレンダーは準備万端




とうとうThe Killing Timeもツイッターを始めました。

まさに「冷やし中華始めました」的なノリで。

全員何となくしか使い方わかってないけれど、なんとかやってみようと思う。

http://twitter.com/tkt870

と言う事で、フォローミー!






さて、話は変わって。

先日はお疲れ様でした。

来てくれたみんな。どうもありがとう。

今年最後のライブは、まさに締めくくるにふさわしいライブだった。

そして年間12本達成。

先のDirty-Kの日記にも書いてあるけれど

5月から始めて、とてもタイトなスケジュールだった。

お客さんがいないライブもあった。体調が悪い日もあった。



でも、達成は出来たんだ。

これも来てくれたみんなのお陰です。ありがとう。



そして新年1発目。1月7日。

またみんなに会えることを楽しみにしてるよ。



以上。今年最後のHalの更新でした。

また来年一緒にブッ飛ぼうぜ!

今日はLIVEでした。


関係者の皆々様。お疲れ様でした。

出演バンド2つ、お客さん2人のLIVE。

でも何だろうな。

クソ楽しかったよ。

これからまた新しいキリングタイムでよろしく。

この場を借りて、福島の事について語ってみようと思う。


ちょっとした用事で月曜から実家に帰っていました。

今帰るところ。







バンドメンバーにはごめんなさい。少し場所を借ります。





その日は、実家に帰ってて。

とったばかりの車の免許で親父と一緒に車を走らせていて。

携帯から鳴り響く地震速報からそれは始まってしまって。

まぁ全部書くと恐ろしく長くなるから端折るけど、とりあえずいろいろ大変で。

福島県郡山市の事でした。

まぁ津波があった地域に比べたら、家はまだ家と食糧があっただけ全然マシだったけど。





今、俺が一番悲しいのは。

毒だか何だかワケワカラネーモノ撒き散らされて。

福島のイメージが悪くなっていること。

福島県産の物はダメだと思っている人は知らないだろう。

米とか、野菜とか、果物とか、牛乳とかがめちゃくちゃウマい事を。

福島県が死の町とか思っている人は知らないだろう。

何もないド田舎だけど、案外いいトコロだと言う事を。

福島人は放射能浴びてもうダメだと思ってる人は知らないだろう。

案外いい人が多いと言う事を。







他の地域の人達が人事になってしまうのはしょうがないと思う。

俺も関東に戻ってそれは思った。

ただ、多分みんなが思ってるより福島は元気なんだ。

元気と言うと語弊があるかもしれないけど……でも前には進んでるんだよ。

それだけは知っていてほしい。




音楽をやっている者として、何か出来たらいいんだけど。

残念ながらそんな力はまだ持っていないのが悔しい…。



ただ、これを読んだ何人かが考え方を変えてくれれば本望です。









あ、それとライブの予定が立て込んでおります。

近いところでは11月12日に千葉で。

後でまたちゃんとここで告知します。

乞うご期待!

次回からはちゃんと日記っぽくします。


俺たちはロックをやっている。やっているつもりだ。

つまり時代に逆らって生きている。

海外ではいざ知らず、この日本ではロックは死んでいるも同然かもしれない。

ましてや俺たちのようなオールドスクールのロックは。


ただ、神様からこんな大層な物もらっちまったからには、そう簡単に手放すわけにはいかないんだ。

そう簡単に死なせるわけにはいかないんだ。


俺みたいなひよっこが生意気言っても説得力ないかもしれないけど

ひよっこなりにこれだけは知ってるぜ。



「ロックは死なない」




どこまでも時代に中指立てて突き進んでやるよ。








そんなことをたまに電車の中で考えては、一人で薄ら笑いしています。

The Killing Timeのドラム、CD関係、天然ボケ担当のHalです。よろしく。


あ、写真は昨日の練習風景。

 | ホーム | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

The Killing Time

The Killing Time

東京・千葉を中心に活動するロックバンド。
世に蔓延るありとあらゆる暇をぶっ潰すためにやってきたぜ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。